メルヘンハウスが閉店・ショック

名古屋にある子どもの本専門店「メルヘンハウス」が来年3月で閉店する。
中日新聞に載っていると聞きネットで見ると1面に大きく載っていた。
1か月ほど前に閉店のうわさがあると聞いてはいたのだが・・・。

三輪哲さんが子どもの本の専門店を、44年前、日本で初めて名古屋に開店したのがこの「メルヘンハウス」。
その数年あと、東京には、「クレヨンハウス」が、四日市には、「メリーゴーランド」が開店。その後、各地に子どもの本の専門店ができていった。
「メルヘンハウス」の三輪さん、「クレヨンハウス」の岩間さんが中心になって、子どもの本専門店の連絡会、BBYPの会が立ち上がったこともあった。その当時で、50店を超えていたと思う。
ぼくもご多分に漏れず、横田やを開店して間もなく、「メルヘンハウス」を見に名古屋に行った。現在の場所とは違うところで営業していた。その後、現在の場所に移ったことはもちろん知っていたのだが、実際に行ったのは、3年ほど前。
その時、三輪さんにも店で会えた。病気をなさったということで、以前のような元気はなかったが、息子さんが店を継ぐとのことで、まさか閉店とは・・。

横田やは、今年の10月で、40年目に入ったが・・・

また、お気に入りの店がなくなった

車で数分、歩いて十数分の大学病院近くの、蕎麦や『正左エ門』がなくなっていた。
1か月半ほど前に、連れ合いと店が終わってから食べに行ったところ、電気がついてなく今日は早じまいしたのかなと、別のところに行ったのだが、半月ほど前、「諸般の都合で閉店します」と書かれていたと人伝えに知った。
北山での落語会に桂文我さんが来たときのお昼はほとんど、ここに決まっていた。ぼくは、手打ちの「鴨南蛮ざる」、文我さんは「手打ち高遠蕎麦」にいなり寿司、が多かった。
連れ合いは、「鍋焼きうどん」がお気に入りだった。

魔女人形が帰ってきた

6~7年前に、卒論の研究に使いたいというので、僕が持っていた、フォークマニス社の魔女のパペット(製造中止)を貸した。使い終わったら持ってくると言うので、一応連絡先を書いてもらったのだが、何せ僕のこと、そのうち連絡先のメモは行方不明・・。
半年に1回ぐらい、魔女は元気かな?と思いだすのだが、そのままになってきた。捜査願を出すわけにもいかず。
その魔女さんが、なんと、「ANKOYA]のどら焼きをつれて帰ってきた。
ぼくは不在だったので、会いそびれたが、借主曰く、「仙台を離れることになったので」とのこと。

Cakeの店『里菜(りな)』さんが閉店していた

「横田や」から歩いても5分ほどの、住宅街(山手町)の中にある小さなケーキ屋さん、「里菜」が12月中旬に閉店していた。連れ合いは、ロールケーキ(キャラメル)が好きだった。
昨年の僕の誕生日に連れ合いが買ってきてくれたホールケーキが食べおさめになってしまった。
2007年開店とあるので、9年だったのか・・残念。

「糸あやつり人形劇」を観においでよ!

今年の「北山・ございん祭」は25回目を迎えます。それを記念して、京都の『糸あやつり人形劇団・みのむし』さんを招聘して「みやぎ人形劇フェスティバル」を行います。
仙台でプロのあやつり人形劇を観れる機会は、そうはありません。

25日は、在仙の人形劇3チームの上演と「みのむし」さんの4公演です。すべて無料公演ですが子ども優先ですので大人の方は、定員オーバーの時はお断りする場合があります。
「みのむしさん」のプログラムも、幼児向けです。
24日(土)は有料公演(大人1000円・小中学生800円)ですが、大人の方がじっくり見れるプログラムになっています。
さらに、糸あやつり人形劇のレクチャーもついています。
チケットのお申し込みは、横田やまでお電話ください。
見ないときっと後悔しますよ・・・・
僕は、飯田市で8月に行われている『飯田人形劇フェスタ』で、昨年・今年と、「みのむし」さんを2回観ました。


Calendar
<< November 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
search this site.
tags
archives
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7