長谷川集平さんの絵本

「およぐひと」「アイタイ」と、3.11以降、集平さんの絵本が2冊出た。
集平さんのするどい感性、かわいい絵本を求めている今の多くの絵本ファンにはなかなか受け入れられないようで残念。

「ユーモアえほん」のカテゴリーを追い続けてきた出版社の絵本がそれなりに売れているので、どうも絵本の世界はその方向に引きずられている気がしてならない。

以前、東北電力グリーンプラザで『ユーモア絵本展』を企画した張本人の自戒も含めて、もっとしっかりした絵本も売らなくちゃ。

Calendar
<< January 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
search this site.
tags
archives
others
admin