この絵本がいい! その1

復刊ドットコムから「五感の絵本シリーズ」として、かつて訪問販売でのみ売られていた、日本ブリタニカ社の「ブリタニカ絵本館ピコモス」(全25巻)の中から10冊が編集しなおして出版され始めた。谷川俊太郎さんと小松左京さんが監修で1980年代に出版されたシリーズ。全巻同じ壮丁で、本永定正さんの絵だった。谷川さんフリークの私は、古書で何巻か持っていたはず。
今回の復刊、5月までで4冊でた。
「なく、おこる」秋山さと子・文 スズキコージ・絵
「つくる」谷川俊太郎・文 福田岩緒・絵
「はなす」竹内敏晴・文 長谷川集平・絵・文
「かぞえる」楠田枝里子・文 飯野和好・絵

長谷川集平さんの「はなす」は、温羅書房から一度「たんぽぽのこと」という題で出版された。
男の子と女の子の絵本、集平さんには「トリゴラス」「パールドライバー」があるがこれで3部作かな。

長谷川集集平さんのHPに竹内敏晴さんの文が載っていたので・・

谷川俊太郎さんから「話す」というテーマで絵本をと言われて私はとまどった。だってエホンはミルものだろ、ハナスことをミルことにするなんてできないよ。
 絵が長谷川集平さんだと聞いたとたん私はヤルヤルと言ってしまったが、どうにも案がまとまらない。初めて逢った集平さんに恐る恐る差し出したが黙って天井を見上げられてしまった。自己紹介代りに拙著『ことばが劈かれるとき』を手渡して出直すことにした。
 ところが3日も経たないうちに連絡が来て、すてきな絵本ができていた。集平さんは無表情のまんま、あの本良かった。読んだら1日でできた、と。へーえ、と私。私の初めからのアイデアを言えば、まったく一言も発しないシンとした見開きがまん中にほしい、ということぐらいか。集平さん改めてありがとう。


谷川さん、福田さんの「つくる」はすごいの一言。
まったく今の時代にぴったり。最後のページは今生きてる大人たちにつきつけられている気がする。まずは見てください。

Calendar
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
others
admin